カウンセリングを予約する

  • トップページ

  • コース紹介

    • MBB突破学生コース
    • MBB突破コース
  • 内定者の声
  • コンサル業界トピックス

MBB突破学生コース

新卒でMBBを目指す学生に対し
面接官の目線による指導で内定に導く

TOPMBB突破学生コース

採用選考の4つの壁

志望動機

「なぜ戦略コンサルタントになりたいのか」「なぜこのファームなのか」について、憧憬や熱意にとどまらない論理性が求められる。

質問例

「志望理由を教えてください」

ありがちな回答例

「経営に近しい立場で全社的な意思決定に関わりたいという思いで、戦略コンサルタントを志望しております・・・(略)・・・御社はXXに強みがあり、私自身のXXの強みを活かすことができると考え御社を志望しております。」

ここが不足

ここが不足!

コンサルタントになることがゴールになってしまっている。戦略や経営は手段であり、それを通じて何を実現したい人物であるかを伝えることが重要。

自己認識力の伝達不足。経験したこともないコンサルティング業務において、自身の強みが通用するレベルにあるのかどうか客観的に伝達できていない

リーダーシップ経験・ビヘイビア

これまでの経験について具体的なエピソードを基に、戦略コンサルティング業務に求められるリーダーシップを有しているかを深堀される。

質問例

「今までの経験の中で、リーダーシップを発揮し、人や組織を動かし困難な状況を乗り越えた経験について説明してください」

ありがちな回答例

「所属するサークルにおいて、私が初めて大規模なイベントの企画リーダーを任された経験をお話します。企画途上で遅れが生じたのですが、その原因を把握するために、進捗を見える化し、メンバーを巻き込みながら一つ一つ手を打っていき・・・(略)・・・結果、イベント本番では当初の企画を無事に実現することができました」

ここが不足

ここが不足!

他人から与えられた目標を達成しただけでは弱い。戦略コンサルタントの価値の一つは「クライアントが考えもしない可能性」を見出し、その可能性を目指す気持ちにさせること。

ロジックや合理性で人を動かすインサイトだけでは不十分。ケース面接ではなくビヘイビア面接として敢えて質問されている意図を捉えていない。

フェルミ推定

世の中の多種多様な数・量について、前提情報なしに、数分の時間内で概算する。計算結果が合うかどうかだけではなく、その根拠とロジックが伴っているかを深く問われる。

質問例

「日本のノートパソコンの市場規模を推計してください」

ありがちな回答例

                       

「日本人口を若年層、中年層、高年層に分けて、各層においてパソコンを購入する割合、頻度、個数、購入するノートパソコンの価格帯を考えます・・・(略)」

ここが不足

ここが不足!

検討がMECEでない。個人需要だけを捉えてしまっていて市場全体を捉えていない。

セグメンテーションの軸が浅く、区切りの根拠が見えない。顧客ニーズを大きく分けるビジネスインサイトが見えない単純な統計的グループ分けに留まってしまっている。

戦略ケース

実際のコンサルティング業務で扱う課題について、面接官との議論を通じて企業戦略を立案する。いかに深くスピーディーに問題を解決に導くことができるかを問われる。選考結果に最も大きく影響する難所。

質問例

「とある牛丼チェーン店の社長から、『国内での売上成長が鈍化している。中国進出を検討しているが進出すべきかどうか』と相談を受けた。戦略コンサルタントとして、どのように検討し、回答するか」

ありがちな回答例

「自社、競合、顧客の3つの観点で考えてみます。まず自社はXXXで、これを競合と比較すると・・・(略)」

ここが不足

ここが不足!

この問題に対して3Cフレームワークでは質問の答えが出るロジックが見えない。ケースの問いを起点とした問題解決ロジックを構造化せずに、なくなんとなくフレームワーク使ってしまっている。

自社と競合の比較観点は無限にある。なぜその観点での比較をすべきかの根拠がない。

このように「それなりに良い」回答では、倍率100倍とも言われる戦略コンサルティングファームに合格することはできません。STRATEGY:BOOTCAMPでは、内定に立ちはだかる「4つの壁」を突破する体系的なアプローチを伝授します。

壁を超えるための
オリジナルの学習コンテンツ例

対策本等を通じた自学自習では会得し切れないポイントまで、講義を通じてインプット。疑問点については講義後時間無制限で質問可能であり、元面接官チームの総力を用いて選考通過の確度を底上げします。

深く考える力
深く考える力

課題に対して適切な問いを定義し、いかに深く正しく考え解決に導くか

【ポイント①】思考のテンプレートを活用して、要素を漏れなく列挙できる

【ポイント②】面接中の議論において求められる深さを認識している

アウトプットのスピード
アウトプットのスピード

スピーディーな議論が求められる中、いかに思考の無駄をなくし、適切に回答するか

【ポイント①】頻出パターンを活用し、思考スピードを上げる

【ポイント②】計算の時短技を駆使し、スピーディーに定量的な議論ができる

面接トーク技術
面接トーク技術

思考の中身を「話し方」でいかに良く見せるか

【ポイント①】評価される話し方と評価されない話し方を区別できる

【ポイント②】困った時も「切り抜けテクニック」で議論を進められる

学びを飛躍的に加速させる
5つの仕掛け

学びを飛躍的に
加速させる5つの仕掛け
トップ戦略ファームの元面接官によるグループ指導

トップ戦略ファームの
元面接官によるグループ指導

戦略議論に用いるフレームワークの概念自体は教科書でも学ぶことができます。しかし、それらを採用選考、その先の実務現場で実践することは容易ではありません。「どの程度の具体度でフレームワークを用い議論すれば、十分深いと見なされるのか」という観点、トップ戦略ファームの面接官を経験した様々な講師から学ぶことで、選考突破力と実務力を飛躍的に高めます。

講義に関するQ&A

講義に関する疑問点は講義後でも講師とのチャットでいつでも解決。各グループ講義の担当講師とは、講義毎のチャットで繋がることができるので、過去の講義に立ち返って質問することも可能。日々の自習から選考前の総復習の際まで安心のサポートです。

講義に関するQ&A(回数無制限)
多様な模擬ケース面接テーマ

多様な模擬ケース面接テーマ

典型的なビジネステーマに留まらず、社会課題、時事問題などの様々なケーステーマ、及びデータ付きケースなどの特殊なケースセッティングなど、面接本番で想定される多種多様なケース問題をカバーすることで、面接本番での対応力を飛躍的に向上させます。

ジョブ/インターン選考の対策

多くの戦略ファームで、選考プロセスにおける最終ステップに位置付けられているジョブ/インターン選考。ここまで来られたら内定を勝ち取りたい所ですが、グループディスカッションやケース面接に比べて、オンラインの情報や書籍が少なく、対策を立てにくいのが現状です。リーダーシップをはじめ、長時間にわたるグループワークで評価される立ち回りを元面接官の視点からお伝えします。

ジョブ/インターン選考の対策
自律的な対策

講義をペースメーカーとした
自律的な対策

コミュニティに所属して、同級生と切磋琢磨しながら進める対策が主流となりつつありますが、「周囲に志望ファームを知られたくない」「自分のペースで対策したい」という方に、オンラインのグループコースは最適です。毎週の講義をペースメーカーにしながら自学自習を進めることができます。

まずは無料カウンセリングへ

各コースへのお申込みをご希望の場合は、無料カウンセリングをご予約ください。
コンサルの就活・キャリアについてのご質問・ご相談もお受けしておりますので、
受講を迷われている方もお気軽にお問い合わせください。

カウンセリングを予約する

プラン詳細

               

STRATEGY:BOOTCAMP
MBB突破学生コース
学生(新卒採用枠での応募となる方)

入会金

33万円(税込)

実力次第で、入社して数年以内に1,000万円以上の年収を実現することもできるキャリアです。

期間・回数

                   

期間:1ヶ月〜3ヶ月
※あくまで目安です。内定獲得まで最大3ヶ月はサービスを継続して受けることが可能です。

回数:全10回【オンライングループ指導全10回(各回1時間)】+ 各講義後の質疑(チャットベース)

                   

グループ講義の開始時期は原則月1回となりますが、お急ぎの場合などの例外的な受講パターンの詳細については無料カウンセリングにてお問い合わせください。

グループ講義は匿名での参加が可能です。

                   

‹2021年10月期生›

                   

グループ講義日程:2021年10月12日(火)~2021年12月14日(火)(全10回 / 毎週火曜20:30~21:30/オンライン)

指導内容

第1回【グループ講義】:

面接官の基準で見るコンサル選考 の“4つの壁”

~ 評価される学生と評価されない学生の違い ~

第2回【グループ講義】

4つの壁 ③フェルミ推定 その1

~ 面接官が鋭いと思うセグメンテーション ~

第3回【グループ講義】

4つの壁 ③フェルミ推定 その2

~ 思考速度で面接官を圧倒するテクニック ~

第4回【グループ講義】

4つの壁 ③フェルミ推定 その3

~ 更なる加点を狙うスピード検算 ~

第5回【グループ講義】

4つの壁 ④戦略ケース その1

~ 面接で評価される戦略思考の構造化テンプレート ~

第6回【グループ講義】

4つの壁 ④戦略ケース その2

~ 面接官が「鋭い」と思う戦略提案 ~

第7回【グループ講義】

4つの壁 ④戦略ケース その3

~ 社会課題等の変化球テーマや時事問題に求められる準備 ~

第8回【グループ講義】

4つの壁 ④戦略ケース その4

~ データ付きケース面接対策 ~

                   

第9・10回【グループ講義】

4つの壁 ④戦略ケース その5

~ ジョブインターンの攻略法 ~

                   

第9・10回【グループ講義】

4つの壁 ①志望動機 & ②リーダーシップ経験・ビヘイビア

~ 最初の5分で面接官の心を掴むESとトーク ~

在籍講師の出身ファーム

マッキンゼー・アンド・カンパニー

ボストン・コンサルティング・グループ

ベイン・アンド・カンパニー

アーサー・D・リトル

ローランド・ベルガー

申込条件

トップ戦略コンサルファームにおいて選考上不利とならない学歴・経歴をお持ちの方

戦略的思考・論理思考において一定の素養がある方(学歴・経歴によって無料カウンセリング時に簡易模擬ケース面接を通じた診断を行う場合があります)

人生を変える意思と必要十分な努力を積み上げるコミットメントを持ってご参加いただける方

支払方法

銀行振込による一括払い

または、クレジットカード決済(PayPal 経由) 

よくあるご質問
Q
無料カウンセリングでは何を相談すれば良いのでしょうか。
A
無料カウンセリングは当コースにご興味を持っていただいた皆様の不明点にお答えすることを目的とした場ですので、当コースに関する質問を自由に行っていただくことができます。
Q
学習は講義形式ですか?それとも自習形式ですか?
A
自習形式と講義形式の組み合わせになります。入会後まず基礎講義としてケース面接の構造や解き方を講師から解説し、その後自習プランをお伝えします。プランに沿って自習をいただきながら、週に一度の講義及び講義後の質疑で理解を深めることを継続し、選考を突破する力を付けていただきます。
Q
筆記試験の対策も行っていただけるのでしょうか?
A
筆記試験対策についてはそれぞれの受験者の方にお任せしており、こちらでの対策は行っておりません。当ブートキャンプはケース面接・ジョブインターンの対策専門です。過去の出題傾向から、筆記試験情報についてのアドバイスのみ行っております。
Q
希望する企業は一社でも大丈夫ですか?
A
レジュメ、筆記、ケース面接、インターンなど戦略コンサルの採用プロセスは多岐に渡りまた、相性や運の要素も影響してきます。ですので志望する企業を一社に絞ることは推奨しておらず、必ず複数社を希望の企業として設定いただく必要があります。
Q
なぜこの価格設定なのですか?
A
ズバリそれだけの価値があると考えるからです。戦略コンサルティングファームに入社し活躍することで、東証一部上場企業のキャリアパスと比較しても経営層により早く近づき、企業経営に必要な力を身に着けることが見込めますし、仕事から得られる学びや楽しさ、その後の人生におけるキャリアアップという意味で大変に価値があるものだと考えます。人生を変える投資としては決して高くないと考えております。
Q
費用を支払うタイミングはいつですか?
A
初回講義から10日後又は第3回レクチャー日の前日のいずれか早い日までにお支払いいただいております。詳しくは無料カウンセリングにてご相談ください。
Q
担当講師はどのように決まるのでしょうか?
A
全10回のグループ講義は、トップ外資戦略ファーム出身者チームのリレー式の講義となります。教科書的な話だけでなく、各ファームの現場で実践してきた技・ノウハウを含めて伝授します。
目標に合わせた2つのコース

新卒でMBBを目指す学生に

面接官の目線による指導で内定に導く

MBB突破学生コース

戦略コンサルタントの頂点を
目指すなら

マッキンゼー・BCG・ベインを
狙い撃つ

MBB突破コース

まずは無料カウンセリングへ

各コースへのお申込みをご希望の場合は、
無料カウンセリングをご予約ください。
コンサルの就活・キャリアについての
ご質問・ご相談もお受けしておりますので、
受講を迷われている方も
お気軽にお問い合わせください。

カウンセリングを予約する